ホーム » maruwano の投稿

作者アーカイブ: maruwano

店内の様子

丸和乃つけめん店内にお様子です

 

 

 

 

 

 

 

 

貴重なお客様の声

麺屋 丸和乃トップへ戻る

貴重なお客様の声まとめ

※実際にお客様からお聞きした何気ない生の声です!(随時更新します。)
★お客様 ◎丸和乃店主


★店内少し焼肉香がするね。
◎ありがとうございます。
営業形態の関係上で申し訳ありません。それと節電営業中につき全6機ある換気扇の稼動を半分にしています。ご理解とご協力の程を宜しくお願いいたします。


★営業時間が短すぎるよ。
◎ありがとうございます。
厨房内の関係なのですが同時に出来ませんので、ホルモン焼き屋から麺屋にお店が変わると思って頂ければ幸いです。


★丸和乃のつけ麺は濃厚でコッテリだから若い人向きだと思う。
◎ありがとうございます。
確かに学生さんや20歳代から30歳代のリピーターさんが多いですので、40歳ぐらいがコッテリ系とアッサリ系好みの分岐点のような気がします。しかし、40歳代以上のお客様や女性のお客様でリピーターさんもけっこういらっしゃいます。


★また来ちゃいました。癖になりはまってます。
◎ありがとうございます。
宜しくお願いします。


★麺が太麺でボリュームがあるからガッツリ食えるね。
◎ありがとうございます。
ガッツリとお召し上がり下さいませ。


★特盛のダブルはないの?
◎ありがとうございます。
申し訳有りませんがビックリです想定外で予定はしていません。


★なんでレタスが乗ってるの?
◎ありがとうございます。
思いつきで乗っけました。


★このあいだ昼に来たらやってなかったけど。
◎ありがとうございます。
せっかくご来店くださったのに申し訳有りません。ホームページでは事前に告知してましたが昼の営業は昼の部店長の都合により11月30日で終了しました。これに懲りずに、また宜しくお願いします。


★日が落ちるとやっぱ寒いねー。
◎ありがとうございます。
そうですね。風邪など引かぬよう栄養も十分に採ってお気をつけて下さい。


★つけ麺が好きでいろんな所へ食べに行くけど、丸和乃は俺のなかで上の中ぐらいかな。
◎ありがとうございます。
今後も宜しくお願いします。

 

 

 

激うま塾

激うま塾


激うま塾】で検索

Business School of Tsukemen Japanese Noodle by Maruwano



日本初世界初つけ麺専門スクール
ついに開校

◎つけ麺店で独立開業をお考えの方へ、極秘のイロハを包み隠さず伝授し、開業までの道のりを支援します。


第2期塾生募集中!有志を求む!

◆入塾金5万円(初回のみ)
◆一ヶ月授業料2万円(通信制は3万円)
◆通学制:埼玉県ふじみ野市上福岡3-6-7
◆授業日時:火曜日から日曜日の21時30分~24時まで。
◆通信制:日本全国and海外可(教材テキスト準備中)

※一ヶ月間の集中カリキュラムで、つけ麺店の独立開業を目指します。
※塾生に、無駄なお金と時間は使わせません。
※ただし、塾生の希望により一ヶ月間延期可です。
※卒業し開業した後も徹底個別サポート。

《激うま塾一ヶ月集中カリキュラム概要》
・今なぜ、つけ麺屋なのか。
・飲食店の接客、サービス業の心得。
・絶対にやってはいけない事とは。
・麺の茹で方、タイミング。
・麺の水締め、水切り。
・料理はビジュアル見た目が大切、盛り付け方。
・スープは愛情を込めて炊き上げる、スープは生き物。
・不動産のスペシャリストによる開業する店舗物件選びの要点。
・飲食店オーナーとして必要な経営マネジメント。
・ITエンジニアによる店舗を開業する準備段階と開業とした後において、必ずやっておくべき事とは。
・手に職の技術を身につければ、何よりも一生の財産に成り得る。
 


昔から石の上にも3年と云われますが、3年も5年も長期間ダラダラと修行すれば良いとは考えません。
短期間で必要最低限な重要ポイントを習得して下さい。
一日でも早く、是非とも激ウマなつけ麺を作りあげ、
そして、
ご自身のつけ麺店を開業され、一人でも多くのお客様へご提供し幸せな気分を味わって頂き、夢を実現しましょう。

You can realize a dream.
塾長

 


丸和乃つけめんHP(平成21年4月17日開業)

昭和の名俳優、穂積隆信氏と激うま塾長のツーショット

平成のバラエティータレント、ボビー・オロゴン氏と激うま塾長のツーショット

激うま塾長掲載誌

激うま塾長の社会貢献活動

激うま塾長宛て挑戦状

ツイッター埼玉県ふじみ野市ランキング

日本つけ麺協会HP

Copyright(c)激うま塾 All Rights Reserved.
 

 

丸和乃つけめんスープ作りの様子

麺屋 丸和乃TOPへ戻る

丸和乃
つけめん
手塩に掛けたスープ作りの様子です。
 



寸胴鍋の一番底に、

下処理をした豚骨、鳥ガラの順で大量に敷き詰めた様子です。


(ちょっとグロテスクですが、美味しさの秘訣です。)

次に、
ハラミ、カシラ、丸鶏、コラーゲン豊富なモミジや背油、
など他?

を大量に敷き詰め、

清水をなみなみ注ぎ強火にかけます。


そして、
丹念に火加減の調整をしながらアクを取り最後に、

真昆布、ジャガイモ、シイタケ、ニンジン、玉ねぎなど他?、
10種類の野菜を入れ更に炊き込んでいきます。
何れかが特出する事の無いようバランス(調和)を心がけています。




そろそろ完成です!



一晩寝かせた後に
表層の白いラードをめくると、
下層では、
スープのコラーゲンがゼラチン状に成っています。


最近、得意分野のとある食材を追加投入してみたところ、
旨みとコクが倍増しました!

愛情と精魂を込めた一杯を
ご賞味下さいませ!!


※スープにダシの小骨が混入する場合が有り得ますので、
ご注意をお願い申し上げます。

 

 

Copyright(c)丸和乃つけめん All Rights Reserved.

PR